だんだんと噂が確信になりつつある、iPhone 12。この秋に発表される予定ですが、現段階でもいろいろな情報が出ています。

そして、最近話題になっているのがサイズの話。
なんとiPhone 12は4機種展開で、主に3種類のサイズになりそうということです。そして、一番小さなサイズはあの旧SEや5sなどのサイズと同じになるという話もあります。


iPhone 12 は4機種展開?


一番話題なっているこれですが、まずiPhone 12 が旧SEとSE 2020との間のサイズ、12 Max・12 Proが11 Proなどと同じサイズ、そして12 Pro Maxが11 Pro Maxと同じくらいのサイズになるという情報が有力です。

12シリーズがアルミニウムのデザイン、Proシリーズがステンレスのデザインになる模様。

今まではiPhone 11 が11 Proと11 Pro Maxの間を埋めるようなサイズ感でしたが、今回はより小さなモデルが出そうということでかなり楽しみなところ。

また、小型化ということは必然的にベゼルが細くなるということだと思うので、ハードウェアはかなり進化しそうです。

ーー

その他ハードウェアの進化では、ノッチが小さくなり、今ままで曲線だった横の部分がiPad Pro のようにフラットになるということが言われています。

フラットなデザインといえばiPhone 4~5s、SEあたりが浮かびますが、今までのデザインをやめて昔のデザインに戻るというのも面白いですね。


その他の情報など


さて、この他にはあまりパッとする噂はありませんが、まずは5G対応するのではないか、というところ。
様々なスマホが5G対応していく上で、iPhoneもそろそろ波に乗る必要がありそうです。

噂では、12/12 Max がサブ6、Proシリーズがサブ6とミリ波に対応するようですね。

また、カメラ周りはliDARスキャナが付くという話もありますが、付かないという意見もあるのでまだ不明なところ。
ちなみに最近公開されたダミーモデルは、LiDARがないデザインでした。

細かい仕様は変更があると思いますが、現時点で挙げられる大きな変更点はこんなところでしょうか。
(ちなみに、どうやらLightning端子のようです…。)


まとめ


さて、今回は秋に発表されるであろうiPhone 12 の予想情報を少し書いてみました。

一番の注目ポイントは、やはり新しい片手サイズのモデルでしょうか。
あのくらいのサイズ感が戻ってきてくれるということで、嬉しい人もかなりいるのかなと思います。(まだ真実はわかりませんが)

5Gにも対応し、iPhoneもまた少し大きな進化を遂げそうですね。

価格に関しては、12シリーズは10万円を切り、Proシリーズは10万円以上になりそうです。
小型になったiPhone 12 は価格も抑えられていると思うので、人気の機種になる予感….