エッセーのように綴る、TALKシリーズ。

今日は、もう結構長い間使っているこの財布について書いてみようと思う。

これは、前にも記事で紹介しているが「JIB」というメーカーの製品。
このメーカーはヨットの帆の記事でバックなどを作っており、これは小さめのポーチだ。僕は財布として使っているが、他にも使い道はありそう。


使い始めたきっかけ

あまりよく覚えていないが、どこかの店先で見かけ、サイズがしっくりきたのがきっかけだったと思う。
それから購入して(そんなに高くない)、かれこれ数年は使い続けている。

ちなみに、ヨットの帆からできているが、防水というわけではない。


気に入っているところ

まずは何と言ってもこのちょうどいいサイズ感だろうか。
ポケットにスッと収まるし、分厚ないのでかさばらない。

でもお札も小銭も十分入るので、かなりサイズが大きなポイントだ。

また、ヨットの帆なので丈夫なところも気に入っている。
僕はずっとポケットに入れて過ごしているけど、何年も使っている今でも壊れることなく使えている。
シンプルな構造だし、壊れにくいのはGOOD。


買い換えない理由

けれど、もう数年使っているなら買い換えてもいいのでは、と思うかもしれない。
確かにだんだんくたびれてきているし、そろそろ新しいものにしてもいいのかもと思う。

でも使い続ける理由は、なかなかいいものが見つからないのと、これで今は満足しているからだ。

いいものが見つからないというのは、どうせ買い換えるなら同じのじゃなく別のにしたいけど、なかなか気にいるモノが見つからないということ。

色々探してみたりもしたけど見つからないので、今は時期じゃないのかななんて思っている。


まとめ

さて、今回は長く使っているJIBの財布について書いてみた。

まあ満足しているから買い換えていないが、いいものが見つかれば買い換えたいなあとは思っている。
こんな感じの、コンパクトで使いやすいものが僕の性に合ってるらしい。