日本時間の6/23の午前2時ごろ、Appleの開発者向け発表会であるWWDCが行われました。
初となるオンライン開催で、オンラインでも臨場感のあるプレゼンテーションになるように工夫されていたと思います(その話はまた別の記事で)。

今回は、iOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOSの発表が主。

色々と進化しているポイントがあるので、iOS、iPadOS、macOSに焦点を当てて記事を書いていこうと思います。

ーー


(ちなみに僕は終わった4時くらいに目が覚めたので、ライブのアーカイブ見ました。)


iOS 14

まずは気になるiOS。今回はiPhoneOSという名前ではなく、iOS 14として発表されました。

まず大きな進化でいうと、ホーム画面にウィジェットを配置することが可能に。今まではアプリだけを置く感じでしたが、ウィジェットを最小でアプリ4つ分の大きさで配置することができるようになりました。

また、アプリは全てをホームに配置するのではなく、「App Library」というAndroidのようにアプリをしまって置けるスペースも作られました。

これによって、より自分らしい使い方ができるようになったのではと思います。

次に新しいアプリ。
iOS14から、Apple純正の翻訳アプリが誕生するようです。


Google翻訳のように、文章を入力して翻訳するものですが、AppleだけあってUIもシンプル。Google翻訳よりも優れていることを期待したいですね。


そして、Siriにもアップデートが入りました。今までは黒い画面が出てくるタイプでしたが、今回から今開いている上に通知のように出てくる仕組みに。
これにより、いちいち画面が遮断されないので使いやすくなったと言えるのではないでしょうか。


また大きなところでいうと、ピクチャインピクチャの機能が搭載されました。
まだアプリは限られているようですが、Face TimeやApple TVなどの画面を画面の6分の1くらいのサイズにして、上に表示するなんてこともできるように。
「ながら作業」が捗るかもしれません。

そして、一番嬉しいのがメールアプリとブラウザをサードパーティ製のものに変更が可能とのこと。なので、デフォルトブラウザをChromeにしたり、メールをGmailにしたりということがやっとできます!

この他には、メッセージアプリのグループチャットが使いやすくなったり、マップアプリが進化したり、ウォレットアプリも….と色々。


新しい機能に「App Clip」という、iPhoneで専用のカードを読み取り、それに応じてインストールしていないアプリを限定的に開いてくれる(っぽい)サービスがあるのですが、まだ詳しい情報が少ないので後日記事にしようと思います。

日本ではあまり需要がなさそうですが、一部の店舗などで使えるようです。


iPadOS 14

去年初めて「iPadOS」として独立したiPadですが、今回はますますiOSと離れたアップデートだと思います。


まず、ウィジェットがよりシンプルに、情報量を多く表示できるようになっています。
見た目はiOSとそっくりな感じですが、iOSはアプリアイコンと混ぜて置けるのに対し、iPadOSは今まで通りウィジェットの位置は決まっているようですね。


SiriもiPhoneと同じく、画面の右下にボタンが出てくる仕様に。


また、iPhoneにかかってきた電話をiPadで取るという使い方もできるそうです。(今までもあったっけ?)
電話のウィジェットがポップアップしてくるので、iPhoneがカバンの中でも電話に出られるといった使い方ができそうです。


そして、どちらかというとmacに近づいた感じがするのが、Searchの機能。Spotlight検索のように画面に出てくるようになりました。
今まではiPhoneと同じようにウィンドウが開いていましたが、よりシンプルな形になったと思います。

ここでアプリだったり書類だったりの検索が自由に可能です。iPadがよりラップトップになってきてる!


大きなアップデートとしては、手書きでの入力検索や、手書きの文字を選択して文書にするという機能が実装されたこと。
特定のアプリでは前からあったりしましたが、今回はApple純正のマップや翻訳アプリ、Searchなどで使えるようです。


また、写真やファイルなどのアプリでは、よりUIがシンプルに。
サイドバーなどがMacのようになり、並べ替えなども使いやすくなったと思います。


macOS “Big Sur”

新しいmacOSの名前は、「Big Sur」です!

長く続いたOS Xが終わり、今回からmacOS 11という名前に。
そして、かなりいろいろなところが変わっています。


今回はUIががらっとリニューアルされています。

まず目立つところでいうとDockとAppアイコン。
Dockの形が若干代わり、アプリのアイコンは全て正方形角丸のものに統一されました。

また、少し立体的な感じになっており、ちょっと昔のアイコンを思い出しますね。


そして、macOSにもコントロールセンターができました。
今までとは違い、色々とカスタマイズできてiPhone, iPadのように使えるようなので嬉しいポイント。

また、コントロールセンター以外にもWi-Fiや再生中の項目、おやすみモードの他、新しいウィジェットで通知や天気などの確認や、写真アルバムのチェックなどもできるようです。


そして、アプリ自体は全体的にミニマルな印象に。今までグレーカラーだった部分は白や半透明になり、クリーンな印象に。そして、より角丸を意識した部分が多くなっています。
アイコンもシンプルなデザインになり、より使っていて楽しそうだなと感じています(個人の感想です)。

いらない部分をシンプルにして、よりiOSなどに近づいたデザインになった気がします。

角丸デザインが多いということは、いよいよ角丸のモデルのMacが出るのかな?楽しみです。


また新しいSafariでは、Apple純正の翻訳機能を使えたり、ホームのバックグラウンドに好きな画像を使えたり、よりカスタマイズできるようになったようです。

iOSなどと同じく、メッセージアプリはグループチャットが進化しています。
メンションをつけて送れるようになったり、チャットの相手を探しやすくなったり。


Mac、独自のプロセッサに移行!

まだ少し先の話ですが、今回のWWDCでMacが完全に独自のプロセッサに移行していくとの発表がありました。
今まではIntelのプロセッサ(Core i7とか)が搭載されていたMacですが、これからはiPhone、iPadに使われているプロセッサ「Aチップ」の技術を総結集して新しいプロセッサを作っていくようです。

実際Appleのチップにすることによって、パフォーマンスはかなり上がるようですが、バッテリー消費が激しくいかに省電力にするが課題とのこと。
この独自のプロセッサにすることができれば、もっと価格を抑えた高スペックなモデルが出てくるかもしれません。

まだ詳しい情報はあまり出ていませんが、「Apple Silicon」と呼ばれている、これからのAppleのチップがが楽しみです。


AirPodsの進化

また、AirPodsのソフトウェアも進化し、より立体的なサウンドを表現できるようになったとのこと。
ジャイロ機能を使って多方向からの音を表現できるようなので、これによりAirPodsの価値がもっと上がるかもしれません。

センサーを駆使することでいつも画面に対して同じ向きで立体音響が聞けるそうなので、横を向いても、後ろを向いても、画面に対して同じ向きで音が聞こえるというのは臨場感が凄そう。(固定スピーカーみたいなイメージ。)

そして、Apple製品を色々持っている人ならありがたい機能ができました。
それが、シュチュエーションによって接続するデバイスを自動的に切り替えてくれる機能。

iPadで動画を見ていたら、iPhoneに電話がかかってきて、iPadを置いてiPhoneを持ち上げたら、自動でiPhoneに繋いでくれる。といった具合に自動で接続するデバイスを切り替えてくれるようです。

まあ色々不安はありますが、切り替えをサクサクできるAirPodsだらかこそ可能な機能ですね。
これが実用的ならとても快適になりそう。

これらの機能でどのくらい良くなるのかはわかりませんが、今までと違う体験ができるなら楽しみなところです。


まとめ

さて、今回はWWDCについてiOS、iPadOS、macOSに絞ってですがまとめの記事を書いてきました。

特にiOSのウィジェットのカスタマイズはうれしいポイントです。
Big SurもシンプルなUIが良いし、リリースされる今年の秋が楽しみですね。

また、AppleシリコンのMacが実際に発売されるのも今年の終わりくらいかもしれないので、新しいmacOSと新しいMacで今までの不具合が解消されることを願っています。


ーー


※新しい情報があればこの記事を手直ししたり、また新しい記事にしていく予定です。



ーー