さんざん言っていたBeats Solo Proが、ついに届きました!

今日の記事では、とりあえず開封と、そしてちょっと使って感じたことを簡単にレビューしようと思います。

Beats Solo Proを買いました!届くのが楽しみ
Beats Solo Pro Wireless を見てきました。ノイキャンの性能や感想など
ノイズキャンセリングヘッドホン・Beats Solo Proが欲しい。AirPods Proとも悩むので比較

Beats Solo Proとは?

まずBeats Solo Proとは、Appleの傘下のオーディオメーカー・Beatsのノイズキャンセリングヘッドホンです。
ノイズキャンセリングヘッドホンとしては珍しくオンイヤー型で、コンパクトなのが特徴。

価格はAmazonで¥29,500ほどで購入できました。

Amazonでチェック

とりあえず開封!


さて、まずは開封の儀を行いましょう。

Apple感のある箱。かっこいい

中の箱を広げると、キャリングケース。

キャリリングケースの中に本体!写真だとアイボリーみたいに見えますが、今回は「グレイ」という色を購入しました。

付属品はこんな感じ。カラビナにも「Beats」って書いてあった

充電ケーブルはレアなブラックライトニング

ステッカーから漂うApple感

ーー

さて、箱の中身はこんな感じ。では、実際に使っていこう…と思ったら、バッテリーが切れてました。
僕はちょっと安く買えるAmazonで購入したので、バッテリーは充電されてないみたい。

外観

明るい中で見ると、写真より色が浅い気がします。

デザインはかなりミニマルな感じで、外観は結構良い。
上部に「Beats」の刻印が。

セッティング

さすがApple H1チップ。Beats Solo Proを開くだけで接続できました。

また、ノイズキャンセリング、外部音取り込みモードの切り替えはiPhoneならコントロールセンターからも操作できます。
さすが。

ちょっと使ってみての感想


さて、セッティングして、そこから1日が経ちました。
まず感じたことがいくつかあるので、書いていくことにしましょう。

ノイズキャンセリング

まずはこれの購入理由でもある、ノイズキャンセリングについてです。

一度売り場でも試しているので、そこまで驚きはありませんでしたがやっぱりすごいですね。
Beats Solo Proのノイズキャンセリングは、「アクティブノイズキャンセリング(ANC)」という聞こえてくる音と反対の音を出し、打ち消すというもの。なので圧迫感はほんの少しありますが、違和感なく静かになります。

ノイズキャンセリングの効きに関しては、完全に遮断するほどではなく、聞こえてくる音の大きさが小さくなる、というイメージ。
例えるなら自分が壁に覆われたような感じになります。
ぼやっとした感じの音になり、完全には消えないけど、音楽をかければ全然気にならなくなるというのが感想です。

今は電車や飛行機では試していないのでわかりませんが、日常で使う分には問題はなさそうですね。

ですがちょっと気になったのは、かすかにホワイトノイズが乗る点。ノイキャンをオンにすると、少し「サー」というホワイトノイズが入ります。もしかしたら気になる人もいるかも。

ーー

また、外部音取り込みモードに関してはものすごく良かったです。

電子音感は全くなく、かなり自然に音を拾えていました。
若干周りの音は小さくなるものの、クリアに聞こえるので十分使えそうです。

OFFにした場合、音はこもって聞こえます。

音質

そして気になる音質ですが、これは「良い感じ」です。
というのも、おお!というインパクトはないですが、全体がまとまってクリアに聞こえるという点で評価できそう。

Beatsだから低音が強いというわけではなく、バランスが取れていると思います。

音の表現は、なんというか階層になっているようなイメージだと感じました。
例えばボーカールが一番上、次にキーボード、ドラム、みたいな感じで細部まではっきり聞こえる感じ。(伝わりにくい…)

こうして文章で書くのは難しいので、外出自粛が落ち着いたら試しに行ってみるのが一番だと思います。

まとめると、音質はまとまっていてクリアなので良いと思います!今まで聞いていた曲に新しい音を発見できるかも。

装着感

さて、ちょっと問題があるのがここから。
装着感なのですが、オンイヤー型なので締め付けがかなりキツめな気がします。イヤーパッドは柔らかく作られているのですが、耳がなかなか痛くなる。

なので飛行機などで長時間使うのにはもしかしたら向いていない人もいるかも、という感じです。

オーバーイヤー型の包み込む感じには叶わないかな、と思いました。

また、重量が260g以上あるので首も若干疲れるかも。
僕は休憩を入れないと辛い気がしています。

操作感

僕がSolo Proを選んだ理由の一つが操作感がいいからなのですが、実際操作してみても結構いい感じでした。

ボタンは2つあり、右のイヤーカップの「b」ロゴワンクリックで再生・停止、ダブルクリックでスキップ、トリプルクリックで曲戻しとなっています。また、「b」ボタンの長押しで音声アシスタントを起動できます。

さらに「b」ボタンの上で音量アップ、下で音量ダウンと音量調整も可能。これはかなり便利です。

ですが、ちょっとボタンが固めなので押すとクリック音が大きく聞こえたり、トリプルクリックがやりにくかったりします。

ーー


左のイヤーカップはボタンにはなっていませんが、下にモードボタンが付いています。
ここで接続モードに入ったり、ノイズキャンセリングと外部音取り込みモード、OFFの切り替えも可能。
こちらのボタンに関しては押しやすいです。

また先ほども触れたように、iPhone、iPadならコントロールセンターからもノイズキャンセリングと外部音取り込みモード・OFFの切り替えが可能。

ここら辺の操作はAirPods Proと同じイメージですね。

細かい仕様など

細部を見ていくと、充電端子はLightningで右のイヤーカップについています。「Fast Fuel」という機能があり、15分充電で3時間持つようです。
またバッテリーの持ちに関してはノイズキャンセリングオンで22時間、オフで40時間と結構長持ち。

Lightning端子の隣にはインジケーターがあり、接続モードでは点滅、充電中は赤く光ります。


折りたたみ部分は硬く、カコッと折りたたむ感じです。指を挟みそうなので、気をつけたほうがいいかも。
折りたたむことで電源がオフになり、開くとオンになります。

長さ調節もでき、イヤーカプにつながっている金属部分を引き出すことで調節する仕様です。

キャリングケース

付属してきたキャリングケースですが、折りたたんで入れる仕様。
ソフトケースなので心配ではありますが、中はクッション性のある素材でそこそこ分厚いので、多少なら大丈夫そうですね。


また、サードパーティ性のものでハードケースも売っているので、心配な人はそういったものをお勧めします。

素材感はいい感じで、フェルトのような手触りで気に入りました。色もいい感じ。

ハードケース

まとめ:性能はかなりいい


簡単にと言いつつ結構書いてしまいましたが、装着間以外はかなり満足できたかな、というのが感想です。

オンイヤーだけどノイズキャンセリングの性能も良く、音質もクリア。デザイン性も優れているので、AirPods Proのヘッドホン版以上の性能だと感じています。

コンパクトなヘッドホンを探している人は、価格も手頃なのでお勧めできそう。

ですが、装着感が苦手な人も以外といそうなので、一度売り場で試すのが一番いい方法だと思います。

またしばらく使って見て、より詳しいレビューも書く予定です!

ーー

AmazonでBeats Solo Proを見る

広告