最近(と言っても今日)、プロジェクト管理やメモなどのツールとして「Notion」というアプリを試しています。
この手のサービスでは「Evernote」が人気ですが、Evernoteはアプリが重いなどの理由からNotionに移行する人も見かけます。

なので、僕も色々と別々になっていたプロジェクト管理などを一つにしたく、Notionを使い始めました。

まず使い始めの感想としては、「良い。」の一言に尽きます!

UIも使いやすく、軽く、覚えきれないほどの機能。
僕はTrello、Apple Noteなどに分かれていた僕のスタイルが、一つになりました。

Trelloいらず


まず一番驚いたのは、「Trello」というプロジェクト管理のアプリのようにボードでノートを一覧できる機能があること。
これがあることでプロジェクト管理・詳細確認が一度にできるようになりました。

Trelloは使いやすいのですが、そのプロジェクトの詳細を文章にしたいという用途にはあまり向いていない気がしていました。

なのでTrelloで進行状況をチェックしつつ、Apple Noteで細かい内容を書くなんてことをしていたのですが、それでは結構効率が悪い。

ですがNotionのページにそのボードを作ることで、プロジェクトの中にさらに細かく、色々書き足せるようになるわけです。
(Trelloさん、ごめんなさい!)

機能がたくさん


何よりも良いのは機能が恐ろしくたくさんある点ではないでしょうか。

先ほどのボードや、チェックリストや表、リンクリストやファイルの貼り付け、ギャラリー、様々なメディア挿入、折り畳めるメニューなどキリがないくらい機能があり、それらを使いこなすことで人によって全く違う使い方ができると思いました。

プロジェクト管理はもちろん、ToDoリスト、Webサイトの保存先、デザイン集、バラバラのファイルをまとめるなど、色々な目的に対応してくれます。

ノートアプリですが、機能がありすぎてノートというのかもう分からないくらい。
アイコンや背景の写真なども設定できるので、自分のだけのNotionにできる魅力。
僕は結構テンションが上がっています。

あ、ダークテーマもあります!

使い方はすぐ分かる。


これに関しては人によるかもしれませんが、なんとこのアプリ、ログインすると、例と使い方を兼ねてなのか色々な書類が用意されています。

そこで使い方を調べたり、テンプレートを参考にして学んだり。
別にいらなかったら削除すれば良いので、結構ありがたい機能な気がします。

さらにいつでもインポートすることができるので、困った時も安心して対応できそう。

様々なサービスからのインポートも可能


さらに便利な点として、Evernoteなどの他のサービスからのデータのインポートにも対応。
今まで使っていたサービスからそのままデータを引き継げるので、仕事を中断することなくスタートできます。

なので、移行しようか迷っている人も安心して使えると思います。
同じデータで試しに使ってみるのもありかもしれません。

一から設定しなくても使えるのは結構便利ですね。

課金で容量アップ


無料プランでは、容量が5MBまでだったりと昨日に少し制限がかかります。

サブスクリプションは

・個人プラン:月額4ドル
・チームプラン:8ドル
・エンタープリンスプラン:20ドル

個人プランから容量は無制限。

5MBではそのうち限界になりそうな人はサブスクリプションをけい訳した方が良さそうです。
ですがそこまでハードに使わない人なら、昨日も全然無料でも使いきれないくらい豊富なので、無料でもいけそうですね。

まとめ

さて、今回はNotionがめっちゃ良さそう、ということで記事を書いてみました。

まだ少し触ってカスタマイズしているくらいなので、詳しい紹介はできませんが今の所は結構良い感じ。
僕はEvernoteは使ったことがないですが、このNotionに移行する人の気持ちがわかる気もします。

ですが英語にしか対応していないので、全然英語ダメという人はちょっと厳しいかも。
使い方などは日本語でも結構出てきますが、アプリ自体は英語なので使っていくのは難しい時があるかもしれません。

また、Web版もアプリと全く同じ作りなので、デバイス問わず使える魅力も大きいですね!

またしばらく使ってみて、記事にしてみようと思います!!

ーー

Notionはこちら