色々なメモアプリがあるけれど、様々なOSの垣根を超えて使えるアプリというといいものがなかなかみつからない。

そんなとき、僕はこの「Notebook」というメモアプリを見つけた。

色々なOSで使えるアプリ

このNotebookの凄いところは色々なOSに対応しているところ。
Mac、Windows、iOS、iPadOS、Androidなど。なので機種変更や様々なデバイスを使う必要があるときなどに役にたつ。

今まではApple純正のメモアプリを使っていたのだけれど、これからもしかしたらApple製品以外を買うかもしれないし今から移行しておくのも悪くないかなと思った。
とうわけで色々探したのだけれど僕的に一番使いやすかったのはこの「Notebook」だった。

もちろんこんな機能はどのアプリにもあると思うけれど、ほかにも色々と魅力がある。

このアプリの特徴

・シンプルで使いやすい

何と言っても使い勝手は大切。
このアプリは無駄な機能や課金などはなく、直感的に使える。UIこそApple純正のものとは違うものの、考え方というか基本的な機能はあまり変わらずいいと思う。

また、背景の色が変えられたりフォルダを作って管理したりと整理がやりやすいのも特徴の一つでいいところだと思う。

あとは「ノート」というフォルダを作って管理ができるのだけれどそのカバーがおしゃれ。色々とイラストを選べて楽しいポイントだ。

・様々な便利さ

無駄な機能はないけれど、機能は結構いい感じ。まず普通のメモとして、そして画像集として、チェックリストとして、ボイスメモとしてなど多彩な使い方ができる。全て同じ形で保存されるので見やすく、綺麗に並べられる。

また、情報表示という機能で文字数や地図などの基本情報を見ることもできる。なのでどこで書いたものなのか、などを見ることができるので結構便利。

さらに文字のフォント、フォントサイズを自分で選べたりとカスタマイズも可能。こういった細かい機能は純正メモにはなかったので新鮮に感じるし、嬉しいポイントだ。

・複数のデバイス間のやり取りもうまくいく

同じメモを複数のデバイスで一度に編集すると、それぞれのデータが噛み合わない時がある。そんなときも「バージョン」という機能でどのデバイスでいつ作業したものを適用するかというのを選ぶことができる。
なので頑張ったデータが消えずに済むので、安心でありがたい。

デバイスは一つでも「バージョン」は使えるのでいつどのように編集したかが一目瞭然。一番いいものを選択できるので結構助かっている。

・iPhoneアプリでは横書きができない

というより、iPhoneのNotebookのアプリは横にして使えないといった方が正しい。横に文字はかけるのだけれど、iPhoneを横にして広いスペースで書く、ということはできない。

なのでキーボードを大きく表示したいときや、横に置いて別のキーボードで打つなんて時に困る。

僕の使い方

ここで僕はどのようにこのアプリを使っているかということを書いておきたい。

僕はとりあえず今のところは3つフォルダを作り、それぞれ「日常のメモ」「YouTubeの原稿・アイデア」「ブログの下書き」というように使っている。ブログの下書きという点では、いちいちブラウザを開くよりも快適にかけるからだ。

この記事はブラウザで書いているけれど、大事なのはiPhoneでブログを書きたい時。iPhoneだとだいぶブラウザが使いにくく、ごちゃごちゃしてしまう。

そこでこのアプリを使うとオフラインでもかけて動作も安定している。また保存し忘れの心配もない。さらにMacとも同期できるのでかなり使いやすいと感じている。

また、印刷もできるのでYouTubeの原稿としても使っている。(最近やばいくらい動画出してないけど。)

まとめ

色々文章で読んでもわかりにくいところだと思うので、ぜひ下記リンクからインストールして使ってみて欲しい。課金もないのでスムーズに使えると思う。

普通のメモとしても使いやすくさらに色々な使い方ができると思うので結構おすすめだ。

・iOS App Storeで「Notebook」を見る

・Google Playで「Notebook」と見る

・Mac App Storeで「Notebook」を見る

・Microsoft Storeで「Notebook」と見る

「Notebook」公式サイトをチェックする