MacBook Pro16インチファーストインプレッション!

画像:https://www.apple.com/jp/macbook-pro-16/

MacBookがついにここまできた。

みなさんこんにちは!今日もGoodoneをお読みいただき、ありがとうございます。当ブログを運営するYuukです。

突然、でも予想通り

つい先日Appleから新しいMacBook Proが発表となった。新しい16インチディスプレイ、新しいキーボード、メモリとストレージの拡大。

ほとんどがみんなが予想していたものだった。前から言われていたバタフライキーボードが壊れやすいことや、スペックが低いことなど改善されている。
公式サイトでは15インチモデルがアップデートされたような形だった。

細かなスペック・機能は…

16インチRetinaディスプレイ

今回の一番大きなところでもある16インチディスプレイ。これは色々なレビューなどによるとそこまで15インチとの差は感じないけど、大きくなって便利になったとプラスな意見が多かった。

500ニトの輝度、P3の広色域ということで4Kディスプレイやタッチスクリーンは叶わなかったけど、いいディスプレイということはなんとなくわかる。

新しいプロセッサ

プロセッサはスペックアップし、Intel Core i9プロセッサで8コアまで出せるようになったとのこと。メモリは最大64GBで、SSDは8TBが最大。(ちなみにこれら特盛りで70万円)

以前のモデルでは熱効率が悪いということでパワーを発揮できていないなどといった問題もあったけど、今回は28%熱効率があがりさらにパワフルになったことが期待されている。

チップはApple T2チップ。

グラフィック

この新しいMacBook ProはMacBook Pro史上最高のグラフィック処理能力を持っているとのことで、「AMD Redeon Pro 5000M」が搭載されている。

それは一世代前のベースモデルの3倍以上ということで、グラフィックに関してはプロのデザイナーのお墨付きということで期待できそうだ。

キーボード

もう一つ注目されているのはキーボード。人気のなかった(一部ではあった)MacBookシリーズのバタフライキーボード。壊れやすかったりストロークが浅かったりと欠点が多かったが、今回の「Magic Keyboard」はシザー構造でストロークが1mmに。”反応が良く快適”になったそう。音も少し静かになったとのことだ。

僕もよくつかうエスケープ(Esc)キーが物理化したことも大きい。プログラマーなどは多用するらしいキーで、これに関してはプラスしかないと思う。それによりTouch Barは小さく、中央部分に収まった。

謎に左右のキーだけが大きかった矢印キーは、昔の逆T字型に。小さいのは押しにくいところもあるが、判別がしやすくいいことだと思う。でもデザイン的には不自然な間が空いていて微妙かもと思った。

意外とすごいオーディオ

地味だけどすごいな、と思ったアップデートがスピーカー。今回のモデルは6つのスピーカーを搭載し、低音も聴きやすく音質がかなりアップしたと言われている。システムの振動も低減されクリアで自然なサウンドを楽しめるようになった。
様々なレビューで「音質はGood」といった内容が確認できた。

バッテリー

バッテリーは機内持ち込み最大の100Whのリチウムポリマーバッテリーを搭載。最大ネットサーフィン時間は11時間になった。前モデルから1時間増えている。

ハードウェアについて

ポートは今まで通り最大でThunderbolt 3(USB-C)を4つ。そしてヘッドホンジャックも健在だ。

本体のサイズは、幅 35.79 cm、奥行き 24.59 cm、高さ 1.62 cm となっている。重さはジャスト2kgだ。

15インチモデルよりもベゼルは若干細くなったけど本体の大きさはやっぱり大きくなっている。

受けた印象

これは15インチモデルから値上げされず値段は同じで販売されている。そして新しいキーボードやグラフィック、プロセッサということでかなり魅力的ではあると思う。もちろん15インチモデルを検討している人は絶対16インチモデルを買ったほうがいいと思う。

僕的には16インチはデカすぎる印象なので、13インチでもプロセッサなどを同じようにアップデートしてほしいと思った。

今回のアップデートで一番いいと思ったのはキーボードで、僕も何度か試してみたことがあるけどバタフライキーボードはかなりうるさかった。
これが改善され、打ちやすくなったとは結構嬉しい人も多いと思う。

日本での価格はベースモデルで248,800円(税別)。先でも書いた通りこれは15インチモデルの時と変わらない。

スペックを特盛りにすると651,800円(税別)。ここにFinal Cut Pro XとLogic Pro Xをつけると706,059円(税別)。

もちろん値段は高いけど、それ以上に今までよりスペックを盛れるようになったということでいいと思った。

僕はいつかこんなアップデートが入った13インチを買いたい……….

欲しいけど…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中